海外でWWOOF(ウーフ)を体験しよう!【登録方法】

WWOOF

 

こんにちは!nico🌻です😊 

 

WWOOFについては私も渡加する前数か月前に、
とあるブロガーさんの記事を読んでいて知りました!

そこからとても興味を持ち、
カナダに行ったらしたいことリストにも書いていました。笑

 

私は4週間同じホスト先にお世話になっていたのですが、

ここで本当に貴重な体験、素晴らしい方々に出会えました💛

 

この記事は
🌻WWOOFについて興味があるけど始め方がわからない。
🌻WWOOFに登録をしたけどどういった流れなのか知りたい!
🌻WWOOFって何?

といった方向けに記事を書いています😊

 

それでは、
早速本編参りましょう♬

 


 

そもそもWWOOFってなに?

WWOOFとは

World Wide Opportunities on Organic Farm

の頭文字をとったことを指します。

 日本語訳にすると世界に広がる有機農場の機会です。

WWOOFは1971年にイギリスで始まり、
1985年にはニュージーランドオーストラリア、そしてカナダにまで
広がり発展していきました。

現在は60か国以上にWWOOF事務局が設置されている様です!
(設置途中段階の国を含めると130か国にものぼっている様です、、!)

 

もちろん日本でもWWOOF体験出来ます!!

ご興味のある方は下記からどうぞ♪

WWOOF ジャパン – ホーム

 

うーん、、
それでもいまいちWWOOFってなんなのかまだわからないなぁ、、。

 

それではWWOOFジャパンさんから一部引用させて頂きます。

お金のやりとりのない、人と人との交流です。


WWOOFのサイトを通し様々な人と友達になり、その関係性を深化させ、オーガニック生活を知り、新しい知見を得て、価値観の多様性を感じ、自分を向上させていくものです。家族のような気持ちで、何をしたら相手が喜んでくれるかをお互いが念頭に置きながら一緒に短い間生活します。

「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換します。

自分が持っているものをあげ、持っていないものをもらう、というとてもシンプルなしくみです。その関係に、お金のやりとりは一切ありません。

「食事・宿泊場所」を提供する側をホストといい、「力」を提供する側をウーファーといいます。
単なる交換ではなく、WWOOFではホストとウーファーとの温かなコミュニケーションを大切にしています。

引用:WWOOF[ウーフ]とは?

 

ホストの仕事をボランティアとして手伝う代わりに
食事・宿泊場所を提供してもらう。

つまり労働力をホストに提供し、
無料でファームステイ、かつ有機農場について学べるという仕組みです!

※登録に登録費用はかかります。

 

 

WWOOFの始め方

WWOOFについて興味を持ったあなた!

次は始め方について説明していきます。

 

まずサイトにアクセスしよう!

私はカナダでWWOOFに参加したので

WWOOF Canadaに登録する場合で記載していきます!
(他の国で登録する場合もほとんど同じかと思いますが!)

 

Sign upをしよう!

ホームページの右上にあるSign upをクリックすると

As a hostまたは、As a WWOOFerと選択が出来るので、

WWOOFerを選択します!
WWOOFer(ウーファー)とは、お手伝いする側の事を指します。

その後は指示に従い、
ウーファーの登録、マイアカウントの作成、登録費用の支払い手続きを行います。

 登録費用はカナダドルで50ドル2年間有効です!

この有効期限内であれば、
カナダ国内のみであれば何度でもWWOOFを利用することが可能です☺

他国でもWWOOFを考えている方は、
各国ごとに登録が必要です。

そして1つ注意していただきたい点が1つ。

各国により登録費用、有効期限が異なりますので、
登録の際にご自身でその国のWWOOFサイトでしっかり確認して頂ければと思います。

 

 

ホストを探そう!!

WWOOF Canadaではホストの情報は登録前から閲覧することが可能ですが、
登録が完了してからホストの方にメッセージを送ることが出来ます!

なので、WWOOFではどんなホスト達が受け入れをしているんだろう、、?
と不安に思っている方は、
少し閲覧してから登録するのも良いかと思います☺

希望する地域、希望するファーム(ワイナリー、家畜、果樹園などなど)を絞って検索してみましょう♬

希望のステイ先は1つまで絞り込まずに10か所以上見つけておきましょう☆

なぜ1つに絞っちゃダメなの?

それは次の項目で説明させて頂きます👆✨

 

 

ホストに連絡してみよう!

希望地が見つかったらホストに連絡してみましょう!

上記で1つに絞っちゃダメと書いたのですが、
もちろん第1希望、第2希望と決めても大丈夫です!

 

ただ1つだけに絞って、
ここがダメだったら次の希望地に連絡しようと言うのはオススメしません!

 

なぜか?

 

 

 

連絡が返って来ない可能性の方が高いからです。笑

 

現に私も10か所以上に送ったのですが、
すぐに帰って来たのは1つのファームのみ

 

あとは、再度メッセージ送って返信催促したり、
電話したり、直接突撃してみたり←
ということを行ってそれでも帰って来たのは
(現在受け入れスペースなしというのも含めて)5件満たなかったです、、。

 

これ、結構めげますよ!泣

なので1か所ダメだったら次に連絡というのは

とっても時間の無駄です!!!

ホストから連絡来ないー😅💦

メッセージ届いてるかなー😭💦

ホストが決まらなかったら家がなくなるー😱💦💦(←当時の私。笑)

と余計なこと考えるのももったいないです!!

 

希望候補地がいくつか決まったら

まとめて各々のホストに連絡してしまいましょう!

 

そして返ってきたらラッキー位に思っておいた方が
心持ちとしては良いかもしれません✨

 

 

持ち物を準備しよう!

ホストが決まったら、
何か持って行かなければいけないものがないか
ホストに確認しておきましょう。

私のファームステイ先は、
長靴、軍手等必要な用具は全て貸し出ししてくれましたが、
念のため聞いておいた方が良いかと思います。

当たり前ですが、
作業着としてお気に入りの服は着ない様にして下さいね!
私は毎日泥だらけ?砂だらけでした。笑

 

ファームステイ当日!楽しんでください💛

待ちに待ったファームステイ当日!

基本はステイ先までご自身で向かうことになるかと思います

しかし公共機関などがない、
またはとっても不便な場所にあるということであれば
途中までホストが迎えに来てくれることもあるかと思うので
事前に確認しておきましょう!

 

仕事はステイ先によって様々。

仕事も辛い時があるかもしれません。

 

そんな時、

有給じゃないから手を抜いちゃおう♬という

悪魔のささやき👿が聞こえてくる時もあるかもしれませんが、
有給でない代わりにホストの方々は私たちに
食事・宿泊場所・知識や知恵を無料で提供してくださっています。

 

これは本当にホスト先によりますが、

家族の様に受け入れてくれて一緒に食卓を囲んだり

たくさんの経験を私達が出来る様にどこかへ連れってってくれたり

積極的にコミュニケーションをとろうとしてくれると思います

 

そのことを忘れずに、
自分からも心を開いて、積極的にお仕事を手伝って、
吸収できることは全部するぞ!位の意気込みで
目一杯ファームステイを楽しんで頂ければと思います💛💛💛

 

 

おわりに

私はファームで有給で働いたことがないので
実体験で比較を出来ないのですが、
働いていたことのある何人かの友人に聞くと、

家もご飯も別

基本個人作業でホストと話す機会がなかったという話しをよく聞きます。

もちろんお金を稼ぎに行くという目的であるならば良いと思います。

 

私がWWOOFで行ったホスト先は、
一緒にご飯を作ったり、仕事後に一緒に湖水浴したり、
ワイナリーに連れてってくれたり、友人宅のパーティーにも招待してくれたり、、

挙げきれないほどたくさんの学ぶ場遊び場コミュニケーションの場を作って下さいました。

滞在中も思っていましたが、
今でも本当に素敵なホストに巡り会えたんだなと思います。

WWOOFを体験してから
もう少しで2年程経ってしまいそうなのですが、
今でもホストの方とはたまに連絡を取り合っていますし、
一緒にWWOOFer生活を共にした子とも連絡を取り合っていまして
その子には昨年モントリオールまで会いに行って来ました。笑

 

海外でしか体験できないこと

WWOOFでしか体験できないこと

たくさんあると思います!!!!!

 

興味があれば一歩踏み出してみることをオススメします💛

 

近日WWOOFの魅力や、
私の体験記等の記事もアップしていく予定ですので、
そちらもご覧頂けたら嬉しいです☺

 

ではでは今日はこのへんで♬

 

nico🌻

コメント

  1. […] 海外でWWOOF(ウーフ)を体験してみよう!こんにちは!nico🌻です😊 … […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました