これで伝わるLとRの発音!ちょっとした裏技教えます!

英語学習

こんにちは、nico🌻です。

本日は、
日本語を母語としている方々が必ず1度は悩んだであろう

LとRの発音の違い

発音のコツ、
最後にちょっとした裏技について

綴っていこうと思いますので
最後まで読んで頂けると嬉しいです😊!!!

 

そもそもなぜ悩むの?

ここで1つ例をあげたいと思います。

Rice(米)とLion(動物🦁)

どう発音しますか?

 

 

殆どの方が、
日本語に表すと
イスイオンになるかと思います。

英語表記だとRLで違うのに、
日本語だと同じになるのです。

 

つまり、
RLの発音は
私達にとって全く同じなのです。

 

しかし、

英語を母語とする方達からしたら

とんでもなく違う!!!

 

だから私達日本人は

何で伝わらないの😲?!

てか、一緒じゃん!😒

と時にはイライラしながら?笑
悩んでしまうのです、、。

 

具体的にどう違うの??

 

それでは日本語のラ行と英語のRとLの発音は
具体的にどう違うのかを説明していきたいと思います。

日本語ラ行の発音

ラ行の発音は歯茎弾き音と呼ばれる
発音法で私たちは発音しています。

歯茎弾き音とは、
舌先を歯茎(はぐき)の裏に当てて
発音する時にその舌を弾くことで発音出来る音の事を指します。

 

英語Rの発音

 

中学時代、英語の授業で

Rの発音は巻き舌で発音します!!

と教わってから、
顔を舌の動きと合わせて上下に振りながら
発音練習していたのが懐かしいです。笑

 

しかし!!!!
これは違います!!!!!

巻き舌ではなく、
舌を後ろに引く

という表現の方がしっくりきます。

そして、
Rの発音時には舌はつきそうでどこにもつきません

 

英語Lの発音

英語Rの発音よりも日本語ラ行の発音に近いのですが、
こちらも日本語ラ行の発音方法とは異なります。

英語Lの発音は
歯の裏に舌先を付けて発音します。

 

英語RとLの発音のコツ

説明だけじゃ分かりにくいと思うので、
次に発音時のコツを書いていこうと思います。

英語Rの発音のコツ

Rの発音のコツは
発音をする前に
小さい”ゥ”を入れて発音することです!

例えば、
最初の例で使った
お米のRice。
通常ライスと発音したいところを、、、

口をすぼめて
ゥライス!!!!

この点を心掛けるだけるだけで、
伝わる確率は格段に上がるかと思います😊

 

英語Lの発音のコツ

Lの発音のコツは、、
前述した通り、
歯の裏に軽く舌を付けます。
そして日本語ラ行を発音をするときよりも
ソフトに弾いて発音するイメージを持つと良いかと思います😊

 

もう1つとっておきの裏技教えます!!!

これは私の経験談を基に気づいた事で、
意外と大事なことだなと思ったので、
シェアさせて頂きます。

それは、
ワーキングホリデーでカナダに来て間もない頃。

1か月通った語学学校を卒業してからは、
家探し、仕事探しなどで、
現地の方と話す機会が多くなっていました。

そんな時に感じたこと。

RとLの発音が語学学校に居た時よりも
全く通じない。

何で?!??!?!

何度も聞き返され、
答えても伝わらない。

紙に書いたり、
iPhoneのメモ機能を利用し
単語を書いて伝えるコミュニケーションに
申し訳なさ、情けなさ、悔しさ、悲しさ、
もういろんなネガティブな感情が入り混じって
話しながら泣きそうになることもありました😿

 

しかし、
そんなやりとりを何度も繰り返している時に
ある1つの共通点に気づいたのです。

 

私の英語を聞き返してくる
現地の人たちがしていた1つの共通点。

それは、、、、

 

 

私の口を見ていたこと。

 

なるほど。

発音で理解出来ないから
口の動きで理解しようとしてくれていたんだ。

 

英語を話す時に
相手に伝えるためには良い発音、正しい発音しなきゃ
と発音ばかりに気をとられがちですが、

口の動きで伝えるコミュニケーションもあるんだということに気づきました。

 

それからは、
上述したことを、
これでもかって位大げさにやるようになりました。笑

 

特に、
Rの発音は小さい”ゥ”を前につけると言ったのですが、
もはや大きい”ウ”を付ける勢いです。

口をすぼめるのも
Rの発音をする為の一連の流れではなく、
ここが1番大事!と言わんばかりに
口をすぼめたまま少し止まってみましょう。

 

そして、
Lの発音する時は、
舌を歯の裏につけている所を
聞き手に見える位大げさに行ってみましょう。

 

すると、、

驚くほど聞き手にしっかりRとLの発音の違いが
伝わります!!!!

 

今でも時々聞き返されることはありますが、
紙に書いて伝えたりするようなことは無くなりました😊

 

 

、、本当に🤥?
と疑っている方がいましたら

 

騙されたと思ってぜひとも試してみてください!!!

 

おわりに

どんなに話しをしても
相手に伝わらなければ意味がありません。

そして逆もしかり、
自分の発音が伝わるのか不安で
話すのを怖がっていたら相手とコミュニケーションをとることが出来ません。

 

まずは
相手に伝え
そして相手に伝わることが1番大切だと私は思います。

 

最初からある程度英語を話せる方には
あまり必要のない情報かと思います。

 

しかし、
英語を話すのが怖い
自信がない
話していても相手に伝わらない

ということで悩んでいる方は

1度是非とも試してみてください!!!!

 

伝わる
自信になります。
そしてもっと話したいという気持ちになります。

 

この気持ちを持てるのと持てないとでは
その後の会話力の伸びに大きく影響が出てくると思います。

 

会話力を伸ばしたいなら
やはり話して練習しないと伸びていかないなと
私は自分自身で実感しました。

、、、と偉そうなことを書きながらも
私もまだまだ勉強中です。

そして語学は一生勉強中であり続けるんだろうなとも思います。

 

ただ、
このちょっとした裏技に気づいてから
英語を話すことが怖くなくなりました♬

 

なので、
同じようなことで悩んでいる方の
少しでも力になれれば嬉しいです😃

 

最後まで読んで頂きありがとうございます💛

 

それでは今日はこのへんで~✨

 

nico🌻

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました