カナダワーホリでかかった費用公開します!【準備~渡航編】

ワーキングホリデー

こんにちは、nico🌻です😊

最近はよく耳にすることが多くなった

ワーホリ(ワーキングホリデー)

興味はあるけど、
ワーホリ行けるほど貯金がない、、、。
実際どれくらいお金がかかるのか知りたい。

といった疑問にお答えします!!

 

🌻この記事の内容

〇ワーホリ準備~実際の渡航までにかかった費用
〇その他かかった費用
を赤裸々に公開していこうと思います!!!
※記載している費用は本日(2019年8月21日)時点のレート換算で記載してます。

 

この記事を執筆してます私nico🌻は、
2017年4月~カナダへワーホリビザで渡加(1年間+2か月(観光ビザ))
していました。
※その後日本へ一時帰国するもまたカナダに戻り現在はカナダに移住しています😊

それでは本記事にまいりましょう!

実際にかかった総費用は約76万円【内訳はこちら】

ビザ申請費用【18,050円】

カナダへワーキングホリデーへ行くと決めたら
必ずしなければいけないこと、ビザ申請

申請費用の値引きは不可能ですが、
少しでも節約出来るところはしたかったので
私は自分で申請しました!

費用は226カナダドル※2017年度時点

インターネットで調べれば何でも出てくるような時代。
英語の勉強&節約と思ってご自身でビザ申請するのも良いかと思います😊

※現在はバイオメトリクス(指紋採取)が、
ビザ申請に必要事項となったので申請費用が335カナダドルと値上がりしました。

※ビザで誤った申請をしてしまうと、ビザ自体が取得出来なくなる場合もあるのでご自身でやる際は慎重に手続きしましょう!または、本当に英語力に自信がないという方は代理申請をお願いした方が良いかもしれません。

 

航空券代金【218,032円】

航空券は復路の日程変更可能なオープンチケットでとろうか悩んだのですが、
実は片道航空券で渡航しました。

理由はというと、、、
飽き性な私が同じ町に1年間いれると思わなかったから。笑

 

、、と言いながら結局
ケロウナという街が大好きになり、
1年2か月滞在&現在は移住してるんですけどね😂笑

片道航空券ではワーホリビザで渡航出来ないと思ってる方もいると思いますが、
帰りの航空券を買えるだけのお金を持っていることを証明出来れば大丈夫な様です。私は英文残高証明というのを銀行に発行してもらい携帯しました。(提示させることも航空券の確認も実際はありませんでしたが)
※片道航空券でワーホリに渡航する場合は再度確認をお願いします。

話しは費用に戻ります。
前述した通り、
片道ずつ購入したため節約は出来てません!泣
※しかしその時の最安値を様々な予約サイトと比較して手配しました!

→楽天トラベルで往路は手配、
復路はJALの公式ホームページから手配しました!

 

料金の詳細はコチラ↓

■往路:東京→ケロウナ 12,6500円
□復路:ケロウナ→東京 92,382円(1153.66カナダドル)

合計:218,032円

 

保険代金【193,240円】

保険代金に関してはクレジットカードの付帯保険で3か月
その後は現地保険に加入して節約を図ろうとしたのですが、
いつもやりたいようにやりなさいと言ってくれる母親が猛反対。
(お金を払えば安心ということはないですが)安心をお金で買いなさい
とのことだったので日本から加入をしました。

私が加入したのは、
ジェイアイ傷害火災保険のtabihoという保険です!
URLはコチラ!↓
https://tabiho.jp/tb/

なぜこちらに加入したかと言うと、、
リピーター割引が3%あるのです!!!

たかが3%と思うかもしれませんが、
1年間の海外保険は大体20万円前後。
20万の3%は6,000円です。
決して小さくない額かと思います。

リピーター割引なので、
初めての利用はもちろん適用外ですが、、。

ワーホリ前にどこか海外旅行行く予定がある!
という方は1度利用して、
ワーホリの海外保険をこちらで購入するのをオススメします!😊

 

語学学校【115,204円】

私は語学学校へは、
1か月(4週間)通いました。

料金の内訳はコチラ↓
〇入校費:120カナダドル(9,600円)
〇教材費:60カナダドル(4,800円)
〇授業料:1400カナダドル(112,004円)
▲140カナダドル割引(-11,200円)

私は現地の留学会社さんで申し込みをしました。
理由としては
プロモーション割引(10%割引)を持っていたからです!

語学学校の選び方については、
過去記事で綴っておりますので、
興味がある方はこちらからどうぞ♪

【留学・ワーホリ】語学学校の失敗しない選び方
 こんにちは!nico🌻です。 語学留学の方はもちろん、ワーホリで来た方の大半は行くであろう語学学校。 高い学費を払っていくんだから絶対絶対失敗したくないですよね!! 今回は語学学校の選び方について書いてい...

 

ホームステイ費用【96,736円】

語学学校を申し込んだ留学会社で
ホームステイの手配もお願いしました。

内訳はコチラ↓
〇ホームステイ費用:895カナダドル(71,582円)
〇手配手数料:210カナダドル(16,795円)
〇空港出迎え費用:80カナダドル(6,400円)
〇銀行為替手数料:24.50カナダドル(1,959円)
※海外送金が必要だったため

 

カナダで働くまでに使ったお金【約12万円】

カナダに着いてから2か月半後から私は働き始めたのですが、
働く前に使った大体のお金です。

カナダに渡航してすぐ働き始める予定の方はここまで必要ないかもですが、
すぐに働けるとは限らないので、
少なくとも20~30万円は現地で使えるお金としてもっていくことをおすすめします!

12万円の中にはこういったお金が含まれています。
〇交際費
〇語学学校アクティビティ参加費
〇バスチケット費用
〇シェアハウスに移動した時のデポジット
〇シェアハウス1か月の家賃
〇生活消耗品
〇食費     などです☺

ここのお金の出費に関しては、
どのくらい語学学校に通って働かないかどの位働くかによって大きく変わってくるかと思います!

 

その他(準備でかかった費用)

カナダへワーホリへ行くために
新調した物、購入したものです。

🌻バックパック(7,099円)
私が購入したバックパックはこちら↓


カリマー ボブキャット 大型バックパック Karrimor Bobcat 65L レインカバー内臓 (Blue/Steel) [並行輸入品]

ワーホリ期間中には3週間程旅行に出た期間があったんですけど、
その時はこのバックパックをかついでバックパッカーしてました☺
ワーホリ中に旅行も行きたい!
という方がいればバックパックを持って行くことを個人的にはオススメです。

 

🌻スーツケース(13,800円)
私が購入したのはコチラ↓
LLサイズ&日本製という文言に惹かれて即買いしました。笑


スーツケース キャリーケース キャリーバッグ LLサイズ 93L 送料無料 軽量 大型 トランク 旅行かばん おしゃれ TSAロック かわいい 4輪

 

🌻ノートパソコン(110,000円)
windows surface pro4をこの当時購入しました。

 

🌻外付けハードディスク(6,960円)
私が購入したのはコチラ↓


Seagate USB3.0接続 外付けハードディスク 2.0TBPC・TV/レコーダー録画対応モデル【WEB限定商品】 SGD-JNZ020UBK

一眼カメラで写真を撮るのが好き&旅行好きという理由で
外付けハードディスクもカナダに持っていきました!笑

 

🌻外付けDVDドライブ(約2,500円)
私が購入したのはコチラ↓


【2019年進化版】DVD ドライブ 外付け USB3.0 外付けdvdドライブ cd プレイヤー ポータブルドライブ CD/DVD読取書込 DVD±RW CD-RW USB3.0/2.0 Window/Mac OS両対応 高速 静音 超スリム (ホワイト)

私が購入したのは1つ2つ前のバージョンです。
リスニングの勉強の為に購入しました。

 

まとめ

今回は私がカナダワーホリでかかった費用を公開しました!

渡航するにあたっての費用の合計が、
約761,262円!!
※その他費用も含めると約901,621円費用がかかりました。

ちなみに働き始めてからは、
日本の貯金は一切使わなかった&貯金も出来ていたので
実質ここまで費用は掛かっていません。

現地でのやりくりについては、
また別記事でまとめようと考えています☺

準備費用に関しては、
記事でも少し触れたように、
航空券を往復で手配保険はクレジットカードの付帯保険を利用
といったことをすればだいぶ費用は節約出来るかと思います。

あとは語学学校にどれだけ通うか
どのくらい現地で働きたいかといったことで貯金額も大きく変わります。

節約に徹して費用を抑えるのも良いですが、
長期海外生活。
何があるかわかりません。

準備・現地費用として、
最低でも100万円程(準備費用+20~30万の現地費用)はあった方が、
心にも余裕が出るのではないかと思います!!☺

その他質問等ありましたら、
コメント頂ければと思います!

それでは今日はこのへんで~😊

nico🌻

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました